パーフロロ系フッ素樹脂コーティング

PTFE(MCT、MCF)
主にPTFE(四フッ化エチレン樹脂)をベースとして、非粘着性やスベリ特性を発揮するコーティングで、食品関係、その他、一般的なコーティングとして使用されております。
変性タイプで耐久性(主に耐摩耗性)を改良したタイプや、低温処理を必要とする基材に使用するタイプなどもあります。

FEP(MCE、MCF、MCG)
FEP(四フッ化エチレン・六フッ化プロピレン共重合樹脂)のコーティングで、ゴム金型非粘着用途や、ピンホールの少ない特性を利用した耐薬品用途などに用いられます。
また、特殊用途で、導電性が必要な場合でも対応出来ます。

PFA(MCA、MCG)
PFA(パーフロロアルコキシ樹脂)のコーティングで非粘着、潤滑、耐薬品用途に優れており、当社の標準コーティングです。現在、半導体や、液晶製造過程には欠かせない表面処理です。
また、厚膜化する事で重防蝕、耐摩耗用途などに使用されております。


その他フッ素樹脂コーティング

ETFE(MCC)
ETFE(エチレン・四フッ化エチレン共重合樹脂)コーティングで、主に、耐蝕、金属汚染防止用途などに用いられており、厚膜化が可能です。

EcTFE(MCH)
ECTFE(エチレン・三フッ化塩化エチレン共重合樹脂)コーティングで、主に、耐蝕、金属汚染防止、ガス透過防止用途などに用いられます。これも厚膜が可能です。

PVdF(MCV)
PVdF(フッ化ビニリデン樹脂)コーティングでガス透過防止用途や軽防食用途などに適しています。

フッ素ゴム(MCD)
フッ化ビニリデン‐6フッ化プロピレン系共重合体のコーティングでゴム弾性を持つ為、ゴムへの表面改質材として広く応用されます。例えばシールパッキンやO‐リング等の耐薬品性向上やゴムベルト材などへの潤滑性付与などで使われています。

エンジニアリングプラスチックコーティング

PPS(MCS)
PPS(ポリフェニレンサルファイド樹脂、通称 ”ライトン”)のコーティングで、高い硬度を利用した用途や防食用途に使用されております。また、PTFEなどのフッ素樹脂を複合させる事で、非粘着、スベリ耐摩耗用途でも優れた特性を発揮します。

PEEK(MCK)
PEEK(ポリエーテル・エーテル・ケトン樹脂、通称”ピーク”)のコーティングで、高硬度や純粋性、耐蝕性の特性を用いた用途に適しております。特に半導体製造過程でのハンドリング治具など高荷重使用下での耐久性は従来のフッ素樹脂コーティングをはるかに凌ぎます。

その他コーティング

高非粘着(MCL)コーティング
非粘着性樹脂を用いて、粘着材、生ゴムなどの粘着性物質の粘着を高性能に防止します。防食性や、スベリ特性を付与したタイプもあり、様々な粘着体使用過程で用いられます。

二硫化モリブデン(MCM)
二硫化モリブデンの耐摩耗潤滑特性を用いて高頻度機械的無給油潤滑用途に用いられます。